読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気がついたら退院して2週間経っていたー

2/2に予定より2日早く退院した。1週間自宅療養のち、2/9から職場復帰した訳なんだけども、結構な頻度で「う、うまくいかない…」と思わされることが多くてしんどかった。特に今週は久しぶりの5日出勤で、途中で風邪を引いてしまい、半休を取ってつまづいてしまったほど。中央線の通勤ラッシュが物理的にも精神的にも大きな壁となって立ちはだかって、「引越し」の3文字も何度か脳裏にちらついた。休んでいる間にゆるんだネジが巻ききらず、仕事もミスをしたり効率が悪かったりして反省だらけの一週間。

それでも経過は順調で、おなかの傷も多分すくすくと治っている…と思う。おなかが痛くてつらい時も数えるぐらいになったし、階段を上っても息が切れなくなった。ラッシュも10分家を早く出て各停で途中まで行けば何とか座っていけることが分かった。もう来週以降は大丈夫だと思う。おそらく。

そんな感じで先週今週は自分の足場を見直して、いつもよりゆっくり慎重に事を進めるような感じで過ごしていた。そんなにしんどくもないしほぼいつも通り、と思っても実際は「いつも通り」じゃなかったんだなーってつくづく思った。

おなかの中のドラゴンボール2つがもうないっていうか実感としてあまりよく分からない。PMSも楽にならないのかなあ…って期待しているけれど今のところあまり変化はなさそう。

昨日、退院後診察があった。問診と内診。自分でも心配はしていなかったけれど、摘出したものの病理検査の結果は良性、傷口もきれいになりそう、体調を含めた経過は順調で、もういつも通りの生活を送ってよいとのこと。時折突き刺さるようなおなかの痛みがあるのは、縫合の際に引っ張った周辺の臓器がひきつれて痛いのだろうとのこと。まださすがに全力ダッシュはできないし、早足でしばらく歩くとおなかが痛くなってくる。でもこれも徐々に良くなっていくとのこと。

わたしのからだの特別な時間は終わったんだなーって思った。長時間のフライトお疲れ様でした。あとは日常へうまく着陸していきましょう、と。

ただ診察の最後に先生からこんな話があった。「あなたの卵巣は二つとも残っています。特に左はきれいに腫瘍とを分離することができた。今も卵巣がちゃんと機能していることがおそらく確認できます。でも、右と左の両方がきちんと機能しているかを把握するのは難しいんです。だから、もし子どもを産むならなるべく早い方がいいでしょう。今回僕は、再発防止を第一というより、卵巣の温存を第一に執刀しました。だから、今後再発する可能性もなくはない。その時、もし再発した時に、「二つとも残っているんだからじゃあ左を切除しましょう」と言う風には安易に考えないでほしい。しっかり残っているのは左です。その左を取ってしまったら、妊娠できる可能性が減るかもしれません。だから、子どもを産むなら、再発する前になるべく早くがいいと思います」先生はこうも続けた「やっぱり、手術をして、ちゃんと残すことはできたけど、じゃあ今まで通りっていう訳にはいかないんです」

「今まで通りっていう訳にはいかないんです」という言葉が胸に刺さった。

 わたしは何かをちゃんと決めなくてはいけないのかもしれない。今すぐにではなくても、いわゆるタイムリミットを設けるような形で答えが求められるのかもしれない。でも今自分の状況はすごく、妊娠やら出産やらを考えるには人生のステージ的に離れたところにあって、うまく想像ができない。赤ちゃんが欲しいという切実な願いも、正直なところ、ない。

言われたことを受け止めきれず、ぼんやりしながら近くにある丸香でうどんを食べて帰った。カレーうどん、思ったよりずっとスパイスが効いていて、目が覚めた。

 

以下、最近の出来事

・2月某日

 

久しぶりに「ロック食堂」に行った。相変わらずガラガラで心配になるけど相変わらずのおいしさ。とんぶりと蒸し鶏のマヨネーズ和え、キャベツのレモンしょっつる和えがおいしかった。

 

・2月某日

塩麹を仕込んだ。うまくできるだろうか。

 

・2月某日

 

近所のケーキ屋Graceでいちごのケーキを食べる。すーごーーーくおいしかった。幸せ!!!ちょっと高いので、次はテイクアウトでお茶代を浮かそうと思った。

 

・2月某日

  

手作りの寒天を黒蜜ときな粉で食べるブーム到来。白玉も作った。しまいには黒蜜も自分で作ってしまった。

 

・2月某日

近所の定食屋「坂本屋」で念願のかつ丼を食べた。わーー今まであんまりかつ丼って食べてこなかったけど、間違いなく今まで食べた中で一番おいしい。他のメニューも豊富でいろいろおいしそうで目移りしてしまったので、次はオムライスを食べてみたい。

 

・2月某日

タラちゃん絶賛の「アニマル・キングダム」鑑賞。「えー…なんか不穏」→「えーこの人たちって…」→「うわー…なんかしんどい」→(ラスト)「!!!」 観るものの想像力を掻き立てる、極力説明を抑えた演出にしびれた。

 

・2月某日

 

仕事の後六本木シネマートに「宇宙人ポール」を滑り込みで観に行った。ポップコーンとビールを片手に観たくなる映画で楽しかった。実際は緑茶と「おやつコロッケ エビフライあじ」。映画の後にタイ料理を食べに行った。最近気がついたんだけどタイ料理を食べたくなる頻度が上がってる。週1ぐらいでも食べたい。

 

・2月某日

 

昼間、西荻の雑貨屋を巡る。夜に同じ日生まれの二人の友達の誕生日祝いの会があるので、それに向けたプレゼントを探しに行った。FALLと六貨でそれぞれ見つけられたのでよかった。

夜、「のらぼう」で食事会。相変わらず全部おいしくて幸せだった。退院祝いと称していろいろプレゼントをもらってしまって申し訳ないやらありがたいやら。

 

・2月某日

   

お昼に「オーケストラ」でサグチキンカレー。たまには他のも頼もうと思いつつ結局これに落ち着いてしまう。いつも食事だけなんだけど今回初めてデザートも追加で注文した。キャラメルのロールケーキおいしかった。次はアップルパイだ。ぶらっと吉祥寺まで行って、久しぶりに井の頭公園を散歩。体が冷えてきたので、藤村女子の近くにある「茶の愉」でお茶。お茶って言うかパフェ。ほうじ茶パフェもおいしかったんだけど、きちんと淹れた紅茶を飲むのが久しぶりでそれがおいしかった。

 

・2月某日

仕事の後、イーストウッド御大の新作「J・エドガー」を観に行った。すばらしかった。撮影、演出、キャスティング、音楽、このクオリティ。この人の映画がほぼ年1ペースで観ることができることの幸せを毎年かみしめている。それと、わたしは昔よりディカプリオさんが結構好きになっているのかもしれない。おじいちゃんメイク、よかった。ウィンクルボス兄弟の人の老けメイクは、ひどかった。

 

・2月某日

渋谷にてラース・フォン・トリアー新作「メランコリア」鑑賞。いつも観た後必ず苦しい嫌な気持ちになるのに今回はならなかった。ひたすらキルスティン・ダンストを眺めていた。みんなに観ろとは言わない、観たい人だけ観ればいい。ただ、観るならスクリーンで。それと画面酔いしやすい人は注意。

   

映画の後は富士屋ダイニングであれこれ食べた。めでたくビール解禁。久しぶりのビールは2杯でもういいやってなった。

 

・2月某日

 

彼氏の家の近所の中華料理屋で昼ごはんを食べた。久しぶりに食べた五目そば、とんでもなくボリュームが多かったけど、おいしかった。その後帰り道ちょうど近所の友だちから連絡があり梅肉エキスと梅干し、そしてミッフィーのお皿を譲ってもらった。いちご大福もついてきた。ありがたかったし、おいしかった!