読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20160324

向かいの席の人がインフルエンザにかかった。

自分も感染した可能性は0ではないので、B型は数日猶予があるので発症する前に…と急いで仕事を片付けた。
ここ数日頭痛が続いていたし、インフルエンザに罹ったのではとハラハラするし、全く気持ちの落ち着かない1日だった。

寝る前、兄にも一応結婚報告しとくか、と思って母に連絡先を聞いた(前に聞いたけどいつの間にかなくしてしまったのだ、そのくらい兄とは付き合いが薄い)。わたしが結婚したからか最近兄への執着を始めたらしい母からは「兄は冷たい人になってしまった」とかでまともな答えが返ってこない。いや、冷たさではなくメールアドレスを教えてほしい。あと兄は元々冷たかったと思うよ。
嘆く母に「兄はもう別世帯の人で、一番優先するのは奥さんや子どもなんだよ、お母さんの期待する息子ではもうないんだよ。期待をしすぎてはいけないよ」と伝えてみるも、返事はなかった。
兄は母に対してある種冷徹な振る舞いをすることで腹を括っているようなので、このままだと母だけが丸腰で傷つく。わたしは少しでもわかってもらえるまで何度でも言うつもりだ。わたしも母を受け止めきれないのだけど。

婚姻届を出すときに戸籍謄本を取り寄せたら、四人家族だった戸籍は、母が抜け、兄が抜け、ついにわたしも抜けたので、もう父一人だけだ。戸籍目線で見たことがなかったので、新鮮と言えば新鮮だった。物理的な繋がりとも、血縁とも違う戸籍。もう抜けてしまった、今はもう存在しない本籍地。あの場所にそのうち行ってみようと思う。