読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20161110

最高の金曜日感で木曜日を全うする。/作り置きが切れたので昼は外食。食べたのはいつもの中華料理店の秋メニュー「鶏がらスープのクリームそば」。よくわからないけどあったまりたいね、って頼んだらその名の通りのものが出てきた。この鶏ガラスープはきっとユウキとかのじゃなくてちゃんと取ってるんだろうな、みたいなことを考えながら食べた。/仕事、新規の大きい案件がないので昨日の続き。まだまだ残っていたけど「まいっか」となって帰ってきた。だって今日は具合も悪くないし、目の前の仕事もさして急ぎではないし。帰ったら米を炊いて洗濯物を取り込んで、とかしたい。/仕事中、急に上司に呼ばれて話をした。「出向組が戻ってくるけど誰が要る?」だって。戻ってくる人たちよく知ってるし、よく選ばせるな〜ひどいこと言わせる。上司は判断する立場だけどその人たちと直接仕事してないから知らないからわたしに聞いてくるだけであって、わたしの言葉はあくまで判断材料なんだけど。「旧組織のことを知ってる側」、「過去の経緯はこの人に聞け」的な扱いをされるのにも慣れてきた。さあ誰が戻ってくるのかな…。/いろんな「なぜヒラリーは負けたのか」的な言説があちこちにあるので読んだ。アメリカは広く、わたしたちに言葉が届きやすいいわゆる「リベラルな人たち」とトランプを支持する「これまでのアメリカをぶっ壊して欲しい」と願う人たちとの断絶がとても深いのだと。わたしが精一杯想像してみても追いつかないぐらい、深いのだと。ヒラリーは好きでも嫌いでもないのだけどマイノリティや女性の立場を推進することが今後8年、いやもっと長い間停滞するかもしれないのかと思うと、悲しくなった。敗戦のスピーチ、美しかった。