読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20160422

超!重役出勤

朝目が覚めたら目が回っていた。目を覚ますというか、目を開けても瞑っても天井がぐるぐる回っていた。当然起き上がれないので諦めて出社時間近くまで横になり、のろのろと起き上がるものの三半規管がやられていて、平衡感覚が明らかに狂っていた。足元の感触と地面と壁、視覚がちぐはぐ。這うように家の中を移動。三半規管やべ〜〜三半規管超大事〜。

甲状腺機能低下症の可能性があった時にもいろいろ調べて思ったけど、身体の小さいパーツに大事な機能を委ねすぎでは?!と思う。耳の中に石があるのないので大騒ぎって、わたしたちの健やかさはいろんな奇跡の重なり合いの小さな点のうえにある。

とりあえずこれは一回病院だなって思ったので近場の病院を調べる。自分のめまいは良性発作性頭位めまいだろうとあたりをつけていたので、とにかく対処療法の臨床経験が多そうなところを探したら、駅前の心療内科が得意そうなことがわかったので行ってみることに。

予約を取らないポリシーのそのクリニックは平日なのにかなり混んでいて、なんだかんだで2時間半待ち。いつもなら買い物で時間を潰すわたしもさすがに今日はその元気もなく。ひたすらモスで飲み物を啜り続けていた。こんなに暇なの、久しぶりかも。会社には仕事どんどん溜まってるんだろうけど…。

やっとこ診察室に呼ばれ、問診と簡易的な眼振検査。眼振があるねーってことでやはり思ってた通りの診断名を告げられ、処方箋をもらって帰る。
処方された薬の一つが抗てんかん薬だったので処方箋を見てぎょっとしていたら薬剤師さんが先生の処方の意図を細かく説明してくれた。添付文書にあること以外を話せるのが薬剤師の力なんだな、と感じた。

すごい時間になっちゃったけど、今日中にやるべきことがあったので会社に向かう。薬は出されてすぐ飲んだのだけど、効いてるような、効いてないような。夕方すぎからははっきりわかるレベルでまた目眩がし始めたので、数日はきちんと飲むべきのようだ。

残業していたら、部の人がススス…と寄ってきて「こないだ研修受け持った新卒ちゃんとごはん行くんでどうですか?」とのお誘い。体調は万全ではなかったけど、今日は早く帰っても家に一人だしな、と思い行くことに。
韓国料理店であれこれ話す。なんだかんだで二週連続で女子会だったけど、どっちもあまり色気のない感じでカラッとしていてよかった。
仕事でこれからやっていきたいことを話せたのがよかった。立場は違えどお互い頑張ろうね、と。

帰り、いつもの駅まで歩いていたら大学の時の同級生とばったり。今、13こ下の女の子と話してたら13年前の同級生に会うとは…。お互い見た目変わってないねといいながら、身の回りの変化を確認し合うこと数分、またねと言って別れた。次は何年後かな。
今日はフジに合うAVALANCHESが出るというニュースを見て、一気にフジに行きたくなった。こんな気持ち何年ぶりか?今年はサマソニも行くだろうし、夏フェスにお金を落とす年だなあ。まあいいか、残業代の使い道にちょうどいい。AVALANCHES好きな大学の後輩ともツイッターでやりとりなんかして、15年前のわたしたちに教えてあげたい。
15年後もあんたたち騒いでるよ、フジにアバランチーズ来るの来ないのって。